CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

story

あるオーナーの悲哀に満ちたつぶやき・・・

 

 

以下は
実際私が何度も耳にしている言葉です。

 

 

↓↓↓ここから

 

家を建てたいと思ったときに
いろいろとハウスメーカーや
建築会社のモデルハウスに行き

 

そこに展示している家具や
キッチンを見てきたのですが

気に入った家具やキッチンのある
モデルハウスはあまりにもグレードが高くて
参考にもなりませんでした。

 

それで
予算に見合うハウスメーカーのモデルハウスに行くと

今度は気に入った家具が設置されていない。

 


なんとかならないだろうかと
質問しても

 

しっくりとくる回答は得られないまま・・・

それに妥協してしまう自分がとても嫌だけど
仕方が無い。

 

 

そして結局は

安い買い物だからと
あきらめたんですよ。

 

まぁ
家を建てれたんだから
これで良しと思っています。

 


↑↑↑ここまで

 

 

というものです。

 

 


それでも
諦めきれないオーナーが
次に起こす行動は

 

自分で探すことです。

 


ところが
これもなかなか探せない!

 


例えば
キッチンのショールーム巡りをしても

形は同じものが多く、さりとて特注となると
価格的に手が届かなかったりといろいろあるのですが

 

最終的には

自分の家に合わせたキッチンの提案に
納得できない。

 

というものが最も多いのです。


それで

途方にくれて
結局は妥協してしまうというものです。

 


私は
この20年間を振り返ってみても

 

同様の苦い経験談を
嫌というほど耳にし、

 


「はじめにあなたと知り合っていたら!」

 


と何度も言われているのです。


そう。現在もです。

 

 

家を建てる人は必ず夢を持っています。
(当たり前!ですよね)


そして
家そのものに満足している人もたくさんいます。

 


ですが
インテリアにまで満足している人は
相当少ないはずです。

 


ここで考えてください。

 


その問題は解決できないものなのでしょうか?

 

 

いいえ!


今であれば
簡単に解消できるのです。

 

 


それは
住宅の設計担当者が

家具の施工例を沢山持つことなのです。

 


それを
お客様の家に合わせてリライトをして
提案すると良いだけということです。

 

 

その為

「家具設計のノウハウ資料」

をリリースするのです。

 


その前に、

他で家具の施工図面というのは
手に入れられるものでしょうか?

 


できなくはないでしょう。

 


ただし
限られたものになると思います。

 


なぜなら

広く普及している家具のデザインは同時に

社外秘として扱われるからです。

 

同時に

欲しいからといって手に入れられるものでは
ないということは説明の必要はありません。

 


では

 

私が
沢山普及している家具のデザインを最初から
書けたかというとそうではありません。

 

 

最初から
デザインセンスがあった?

 

 

これも建築自体の知識もなく
家具のデザインなんて簡単にできるものではありません。

 

 


だったら
どのようにして家具図面を書けるようになったか、
デザインセンスを身につけたかというと

 


そこには

 

 

偶然とも言える出会いがあったからです。

 

 

 


今振り返っても

とても幸運な出会いだったと思わなかったことはありません!


そして
その後約30年間
私は家具デザインの仕事を続けているのですから・・・

それは
家具工場に出入りしていた
家具デザイナーとの出会いです。

そして
自分の上司のかつての部下であったということから


「こいつに図面を教えてやってくれ」と言われ


私に今まで書いた図面を渡してくれたのです。

図面の大切さというのは言うまでもありませんよね!

 


自分の生活の糧を渡すことに等しいのですから。

 

 

そうして

私は勤務後会社に一人残り、

何度も泊まり込みながら

その図面の模写を何度も繰り返しました。

 

そう!何度も何度もです。

 

 


成果がついに出た!

 

 


通常勤務と
居残っての図面の模写をする日が
どのくらい続いたのでしょう、

 

 

ある日のこと、

 


上司に

 

「テレビ台を作りたいというお客様がいるから
寸法取りに付いてこい」

 

と言われ

 

「お前、試しにデザインしてみろ」

とも言われたのです。

 

 


もう
心の中はドキドキでした。

 

なにしろ

図面を覚えたてのころに職人さんに言われた

 

「お前の図面なんかで物が作れるか!」という言葉が
耳に残っていたからです。

 

 


それでも
少しは実力が付いたはず。と思い
寸法取りをしてデザインに取り掛かりました。

 

 


そして

その結果は?

 




職人さんは何も言わずに作ってくれ、
無事に納品することができました。

 

そしてその数日後

上司から

 

「お客様喜んでいたぞ!」


と言われ。


初めての「成功」をしみじみと感じることができたのです!

 

 


やがて
その小さな成功の時から
きっと時間は経過していたに違いありませんが


大きな成果に結びついていくまでには
そう時間はかからなかった記憶があります。

 


とにかく次から次へと考える暇もないくらい忙しく動いていましたから・・

 


かいつまんで
挙げてみると

当時の取引先は全国でも有名なハウスメーカーだったため
主要モデルハウスの家具のデザインから、
億を超える高額物件の家具デザイン、建築会社の会長や社長宅の家具のデザインなど
も珍しくなく、当時から玄関収納からシステムキッチンまでの設計、
造作材、和室部材、枠材、建具など家の中のあらゆるものの設計と
施工管理を続けて今に至ります。

 

 

バブルの頃ということもありますが
スキルの向上の面で希な経験を積むことができました。

 

 

時代背景ということもありますが、

以上のことはあなたにも充分起きえることなのです。

 

 


それは

私が学んだことと同様、

 

「家具設計のノウハウ資料」の中の
図面の模写をすることです。

 

いきなり施工図面を書くということではなく
好ましく迎え入れられているデザインパターンを
多数見るということです。

 

 

そこで
インスピレーションを得たならば
あなたのデザインがもっと多くの家具デザインにまで
影響を及ぼすはずです。

 

言うまでもなく

大切なのは数と質です。

 

 

そして

私を通じて
あなたも同じ経験経験を積むことができるということです。

 

 


安いから質へ

 

 

近年は、
低価格の家具がもてはやされているように
見えていますが、
最近ではそれに加え質の良い、デザインが良い家具が求められています。

 

ですから

 

今から
スキルを上げて
お客様の満足の為のお手伝いをして行きましょう。

 

 




では
今回の

 

>>本日の特典資料<<

基礎編

http://goo.gl/QVps42

 

応用編

http://goo.gl/ITynT5

 

 

動画

 


をお受け取りください。

 

 

本日も

最後まで

お読み下さり


ありがとうございました。

 

3 

 

 

Copyright (C) 2018 CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。