CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

news

「お前の図面なんかで物が作れるか!」

 

「お前の図面なんかで物が作れるか!」
 

 

唐突ですが

 


これは

私が家具工場に、
入社して始めて自分の図面を職人さんに渡した時に

浴びせられた言葉です。



ですが、


2年後には

 

その職人さんが
私の設計した家具を丁寧に作ってくれ、

 


やがて

大手ハウスメーカーのモデルハウス家具の
設計と施工を一人で担うことになっていました。

 


その後も

数え切れないほどの
仕事をいただいて今日に至っています。

 

 

 

 

あらためまして、

 


この限定公開ブログをごらんくださり
ありがとうございます。

 

 

 

「お前の図面なんかで物が作れるか!」

 

なんて言葉をいきなり浴びせられれば
誰でも萎縮してしまいますよね。

 

 

 

時代と言いますか、

 

それだけ職人の世界は厳しかったということです。
(今でも厳しい)

 

 

 

なんせ

当時は

怒鳴られることばかりで

教えてもらうことは無いのですから・・・。

 

 

 

ですから今でも

職人の世界では

 

 


「技は盗むもの」 と言われているのです。

 

 

 

その名残がいまだに続いているのでしょうか、

 

 


現在においてさえ

 


特注家具やキッチンの設計方法というものは
体系付けられていません。(私の知るところでは)

 

 

 

たとえ
造作家具の会社に入ったとしても

 

 

ある程度決められた形を
設計図に落とし込めるようになるまででも最低2年以上はかかる家具の設計。

 

 

 

ましてや

デザイン家具と言われるまでの完成度となると
個人差もありますが、さらに数年かかります。

 

 

 

これでは

 

 

一向にデザイナーは育ちません!

 

 

 

その危機感を感ずるに当たり

 

家具の設計スキルを素早く身に付ける方法を
実質2年間の準備期間を経て、
ようやく公開することにしました。

 

 


そして

その資料のタイトルは

 

 

 

「家具設計のノウハウ資料」

 

 


ヒネリの無いタイトルで恐縮ですが、
これでも考えたんですよ(汗)

 

そして

 


この沢山の資料の

 


模写

 


閲覧

 

 


繰り返すことで
格段に特注家具の理解度が深まり、

 

 

自分の住まいはもちろん、大切な人の住環境まで格段に変える力を
持つことになることを、

 

私の経験を通して
保証することができます。

 

 


では

 


今回より

 

>>本日の特典資料<<

 

 

基礎編

http://goo.gl/QGKI0t

 

 

応用編

http://goo.gl/VpDX32

 

 

動画

 

 

をお受け取りください。

 

 

家具設計の基礎となる
簡単なキャビネットが

デザイン一つで色々な機能を持つ家具に
変わっていく様子をごらん下さい。

 

 

 

最後まで

お読み下さり


ありがとうございました。

 

 

 

 

ut001-1

 

 

2 

 

 

Copyright (C) 2018 CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。